FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

葬儀とおくりびとな人と俺。

1144411640_252.jpg


葬儀と言う物は何となく非日常な物に思えるが、
おじさんくらいの歳になると、結婚式より
大きな頻度で呼ばれる物だし、
呼ぶ物でも有るようだぜ。

少しばかり葬儀に関して思った事を書き起こしたい。

最近、映画「おくりびと」を見たんだが、
アレは泣ける・・・・・!

身内に死に化粧してる所を見たもんな、俺。

その人はにっこり微笑んで


「すぐに綺麗にしますからね。」


と言ったのを覚えているぜ。

ジッサイの所、その亡くなった人は綺麗になっていた。

どういう場所でああいう技術を覚えるのか分からんが、
確実にああいう技術は必要である。

昔、確か「エンバーミング」とか言う技術を駆使する
「エンバーマー」と言うお仕事の話を何かの本で
読んだ事が有るんだが、

アメリカなんかだと損壊した遺体をより生前に忠実に
再現する技術が凄いそうな。

そんで、その本の中で、確かベトナム戦争で顔を
殆ど吹っ飛ばされたかして原型をとどめてない遺体を
殆ど生前のままに再現したエンバーマーの話が
紹介されてて、

「どうやったの?これ?」


「母親から生前の写真を貰って再現したのさ、
 僕の芸術作品だよ。」


と言う様な会話が載っていた気がするが、
記憶で書いてるんで定かではないぜ。

ただ、そういうプロが居ると言う事は大変頼もしいぜ。

身内を亡くした人の物凄い姿を見た後では
なおさらそういう気がするのである。





故人も良い顔で皆とさよならしたいに違いないしな。
スポンサーサイト
[PR]

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
大抵、何でも描いてる漫画描きですが、
最近はエロや
ショタ等を重点的に描いてます。
お仕事の依頼は
galaxyjapan2008○yahoo.co.jp まで。
メールは○の所を@に変えてお送り下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。